人事・給与SaaSシステム ジョブカンとjinjerの特徴・メリットをわかりやすく簡単に比較

 公開日:2022年3月16日

ジョブカンとjinjerは、弊社が提携する人事・給与SaaSシステムです。

どちらのシステムも業務を効率化するための優れていますが、それぞれ特徴がございます。

導入をご検討される企業様の状況や規模、希望する運用方法に合わせて、選択していただくことがベストです。

選択する上でどこに違いがあるのかわからない点もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、ジョブカンとjinjerをわかりやすく簡単に比較してまとめました。

【特徴】

ジョブカンとjinjerの特徴をわかりやすく簡単にまとめると以下になります。

ジョブカン

創業期から成熟期まであらゆるステージ・規模に対応するバックオフィス支援クラウドサービス。

各プロダクト間の連携は可能で、機能も充実。

jinjer

企業の人事データを一元管理するためのHRプラットフォーム。人事、給与、勤怠等の全プロダクトのデータベースが1つなので各プロダクト毎のマスタ更新が不要。

【課金体系】

システムにかける予算を考える場合、課金体系は重要です。

ジョブカンとjinjerでは課金体系に違いがあります。

ジョブカン

月額払い

jinjer

年間契約(一括前払い)

【実績】

システム導入を検討するときに、実績は気になるところでしょう。

ジョブカン、jinjerともに多くの企業様ですでに導入されています。

ジョブカン

シリーズ累計120,000社

jinjer

シリーズ累計13,000社

【機能を活用したメリット】

ここでは、ジョブカンとjinjerそれぞれの機能を活用したメリットを紹介します。

ジョブカン

  • 従業員管理と労務管理が同じプロダクト内で可能
  • 労務と給与で部門管理が異なる場合でも、プロダクトごとの設定が可能なので、給与の部門別管理も簡単
  • ストレスチェック機能搭載

jinjer

  • 人事情報を集約した資料の作成が可能
  • データの一元管理で連携が簡単
  • マスタをID(コード)で管理するため、DL後のデータ加工もスムーズ

COMIT HRのサポートでさらに使いやすく

ジョブカンとjinjerはそれぞれ優れた人事・給与SaaSシステムですが、完全ではありませんし、オーダーメイドシステムのようにカスタマイズできません。

ジョブカン

データ連携はCOMIT HRにおまかせ。連携を気にせず項目をカスタマイズできます。

jinjer

リリースして間もない年末調整システム。機能が不十分な部分をCOMIT HRがカバーします。

ジョブカンとjinjerの課題を解決する方法として、弊社のアウトソーシングサービスCOMIT HRがあります。

 

COMIT HRは、ジョブカンとjinjer両システムの導入実績が多数あり、両システムの強み・弱みを把握しており、応用できるノウハウがあるため、中堅以上の規模にも導入可能です。

まとめ

今回は弊社が提携する人事・給与SaaSシステムであるジョブカンとjinjerを簡単にまとめました。

COMIT HRでは、弊社が提携する人事・給与SaaSシステムであるジョブカンとjinjerを通常より割安な単価で提供し、企業様の課題やニーズに合った人事SaaSシステムをご提案します。

さらに、人事SaaSシステムだけでは解決できない部分をBPOと組み合わせ、人事BPOサービスとして、人事ご担当者様の課題解決をお手伝いいたします。

是非お気軽にお問い合わせください。

期間中にお問い合わせ・オンライン個別相談・資料ダウンロードを期間中に申し込まれた方

5名様に抽選で当たる!メガネスーパー全店舗・オンラインショップで使える10,000円分の割引クーポンプレゼント!
カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行や給与アウトソーシングをご検討されている方のために、COMIT HRのサービス概要と導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
ご質問やご相談など何でもお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)