BPR

読み方/英語

ビーピーアール/BPR
ビジネス プロセス リエンジニアリング/Business Process Re-engineering

用語解説

BPRは(Business Process Re-engineering)の略であり、日本語では【業務改革】を意味します。

リエンジニアリングとあるように、業務プロセスそのものを抜本的に見直し、全体の最適化を図る取り組みを意味します。プロセス全体を対象としており、問題点を精査した上で一からプロセスを再構築し、顧客視点で見た時に、顧客への付加価値を創出しない業務は不必要とする特徴を持ちます。

元マサチューセッツ工科大学教授のマイケル・ハマー博士と経営コンサルタントのジェイムス・チャンピー氏によって93年に発表された共著『リエンジニアリング革命』(Reengineering the Corporation: A Manifesto for Business Revolution)にBPRの概念は生まれました。当時のアメリカは長期的な不況の中にあり、閉塞感を感じていた企業経営を抜本的に再構築する革新が求められていた背景と相まって世界的に普及しました。バブル崩壊後の日本においても、欧米での成功事例もあったことで広く受け入れられました。

BPR=業務改革と訳されることから、類似している業務改善との比較をされる事が多いですが、2つの概念は大きく異なります。BPRは業務全体の見直しを対象としているのに対して、業務改善は組織・部署内や個々の細かい箇所の改善や、業務効率向上のための無駄の排除などを意味します。

COMIT HRでは、業務移管後にBPRを実施しています。

事例)BPRにより勤怠確定までの期間が短縮

グループ会社ごとに勤怠締め日、給与支給日が異なり、毎月の勤怠確定まで4営業日以上かかっていましたが、業務移管後の当社BPRにより勤怠締め日の翌日には勤怠が確定できるようになりました。

BPR事例の画像

BPRの使用例

ITシステムを活用してBPRによる効率化の施策を打ってみましょう。

BPRのGoogleトレンド検索結果

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

その他の用語はこちら

カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、
お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行給与アウトソーシングをご検討されている
方のために、COMIT HRのサービス概要導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)

メールでのお問い合わせ