SSAE18

読み方/英語

えすえすえーいーえいてぃーん、ステートメント オン スタンボーズ フォー アテステーション エンゲージメント ナンバーエイティーン/SSAE18、Statement on Standards for Attestation Engagements No.18

用語解説

SSAE18とは、Statement on Standards for Attestation Engagements No.18の略であり、米国公認会計士協会(AICPA)の定める米国アテステーション業務基準書第18号を指します。受託業務(各種アウトソーシングサービス等)を行う会社の、内部統制の有効性を評価する保証基準。内部統制が必要とされる業務を外部に委託した場合、業務委託先も統制対象になり、委託先を直接統制(監査)するのではなく、一定基準で第三者が監査した報告書をもって、統制が及んでいることの証明とする仕組みのことである。SSAE18は、SSAE16を改定した新しい基準として、2016年4月に発行、2017年5月1日より適用されています。

使用例

  • 多くの企業はSAS70と同じようにSSAE18の監査を受けています。

関連語

  • SSAE16
  • SAS70(米国監査基準第70号)

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

その他の用語はこちら

カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、
お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行給与アウトソーシングをご検討されている
方のために、COMIT HRのサービス概要導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)

メールでのお問い合わせ