アウトソーサー

読み方

あうとそーさー

用語解説

アウトソーシングとは開発・生産・物流・人事・法務などのあらゆる業務について「外部委託」をすることです。具体的な外部委託業務の例として、人事情報管理、就業管理業務、給与計算業務などが挙げられます。このアウトソーシングには委託する側の企業と受託する側の企業が存在し、委託企業側を「アウトソーサー」と呼びます。受託企業であるアウトソーサーを活用することで、人件費や固定費、業務コストの削減、業務の効率化など、企業の利益向上をを図ることができます。また、委託企業は売上や事業向上に関連するコア業務に集中できるというメリットあり、DX化が進む今、多くの企業が業務のアウトソーシング化を導入しています。

アウトソーサーの使用例

アウトソーサーには自社の重要な情報を提供することになるので、選定する際はとりわけ慎重になる必要がある。

アウトソーサーの関連語

アウトソーシング

アウトソーサーのGoogleトレンド検索結果

記事監修者

COMITHR導入コンサルタント 林 啓子

10年の人事経験を活かし、クライアントの課題、目指す目標に寄り添ってサポートを行う。好きな偉人は「上杉鷹山」

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

その他の用語はこちら

カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、
お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行給与アウトソーシングをご検討されている
方のために、COMIT HRのサービス概要導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)

メールでのお問い合わせ