デジタル給与

読み方

でじたるきゅうよ

用語解説

従来の給与支払いは銀行振り込みが一般的でしたが、銀行を介さずスマートフォン決済やプリペイドカード、電子マネーなどのデジタルマネーで支払われる給与を「デジタル給与」と呼びます。政府は2018年頃からデジタル化を推進してきましたが、海外諸国と比較するとまだまだ遅れているのが現状です。また、労働人口減少に伴い外国人就労も強化している中、言語の壁や厳しい審査基準の問題から外国人の銀行口座開設が難しいことが「デジタル給与」導入の背景です。企業からすれば振込手数料が不要になる点と労働者も銀行から現金を引き出さずに各種支払いが行えるという利点はありますが、一方でデジタルマネーのサービスには、銀行の預金保護法のような不正利用をカバーする法律が存在していないという懸念事項もあり、早急な法の整備が求められています。

Iデジタル給与の使用例

アメリカでは既に約4割の企業が、ペイロールカードを導入してデジタル給与が支払われている。

デジタル給与の関連語

ペイロールカード

デジタル給与のGoogleトレンド検索結果

記事監修者

COMITHR導入コンサルタント 林 啓子

10年の人事経験を活かし、クライアントの課題、目指す目標に寄り添ってサポートを行う。好きな偉人は「上杉鷹山」

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

その他の用語はこちら

カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、
お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行給与アウトソーシングをご検討されている
方のために、COMIT HRのサービス概要導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)

メールでのお問い合わせ