変形労働時間制

読み方

へんけいろうどうじかんせい

用語解説

労働基準法で定められている労働時間は、1日8時間、1週間で40時間までが原則となっています。しかし、繁忙期と閑散期が読みやすい業種の場合は、この制度を取り入れることで法定労働時間を月単位・年単位で調整できるメリットがあります。たとえば、月初めは割と業務量が多く1日9時間働くが、月末は比較的閑散期となるので1日7時間働き、結果的に月間平均が週40時間の労働となれば適法であるという考え方の制度です。

変形労働時間制の使用例

変形労働時間制とは、業務量に合わせて労働時間をフレキシブルに設定できる制度である。

変形労働時間制の関連語

フレックスタイム

変形労働時間制のGoogleトレンド検索結果

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

その他の用語はこちら

カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、
お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行給与アウトソーシングをご検討されている
方のために、COMIT HRのサービス概要導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)

メールでのお問い合わせ