SSC

読み方/英語

しぇあどさーびすせんたー/Shared services center

用語解説

シェアードサービスとは、文字通り『サービスをシェアする』ことであり、複数の企業からなるグループ企業内での業務を一箇所に集約させること、共有することを指します。シェアードサービスセンターとは、シェアードサービスにおける業務を請け負う子会社のこと。

グループ企業、及びグループ企業内の事業部に存在する人事や総務などのコーポレート機能を一箇所に集約し標準化することで、業務の効率化、品質の向上、そしてコスト削減を目的としています。企業の人事部、総務部、経理部における、債務管理、一般会計、給与・賞与計算、福利厚生、社会保険手続きなどの、専門性が低くルーティンのオペレーション業務が比較的シェアードサービスの対象となるケースが多く見られます。

一般的に、シェアードサービスは、グループ企業や関連会社を対象に業務処理に関わる子会社の事であるが、独立した法人として持つケースと持たないケースもあります。独立している組織であるため、グループ企業意外にもサービスを提供することで利益を上げることも可能です。

使用例

  • 昨今では経理部門のSSC(シェアードサービスセンター)構想が脚光を浴びています
  • 新会社設立時におけるオペレーション構築の迅速化には、SSC(シェアードサービスセンター)が有効である

関連語

  • BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
  • アウトソーシング

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

その他の用語はこちら

人事・給与システムの移行給与アウトソーシングをご検討されている
方のために、COMIT HRのサービス概要導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)

メールでのお問い合わせ

COMIT HRのサービスについてさらに詳しく >
COMIT HRの3つの特徴 >
お客様の声 >

お問い合わせはこちらから