マイナンバーカード

読み方

まいなんばーかーど

用語解説

日本に住民票がある国民一人ひとりに番号を割り振られたのが「マイナンバー」です。行政の効率化などを目的とした施策ですが、顔写真の他、生年月日、住所などが記載された「マイナンバーカード」は身分証明書であると同時に、自治体の証明書の発行や確定申告などで利用できるシステムとなっています。2015年から運用開始され、政府は2022年末にはほぼ国民の全体に浸透を目指していたマイナンバー制度ですが、実際には個人情報のセキュリティ面が不安視され、2022年8月現在でようやく50%を超える発行に留まっているのが現状です。政府は2度にわたり「マイナポイント」と呼ばれる電子マネーにポイントを付与するキャンペーンを展開し、更なる普及を促しています。

マイナンバーカードの使用例

マイナンバーカードを取得していれば、コンビニで住民票などの証明書類を発行してもらえるため大変便利だ。

マイナンバーカードの関連語

個人番号/通知カード

マイナンバーカードのGoogleトレンド検索結果

記事監修者

InfoDeliver COMIT HR事業ユニット
渡邉 大介(Daisuke Watanabe)

大学卒業後、大手新聞社、IT企業にて20数年間、人事・総務部門で給与計算、労務管理、社会保険など幅広く勤務してきました。人事業務のアウトソーシング導入・運用のプロジェクトマネジャーとして、企業様の課題解決に注力いたします。これまで培った知識と経験を活かし、皆さんに様々な情報をお伝えしていきたいと思います。

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

\ お悩み中の人事・総務・情報システム部の方必見! /

お悩み中の人事・総務・
情報システム部の方必見!

オンライン上で相談可能

オンライン上で
相談可能

オンライン個別相談ページはこちら

その他の用語はこちら

カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行や給与アウトソーシングをご検討されている方のために、COMIT HRのサービス概要と導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
ご質問やご相談など何でもお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)