オンプレミス

読み方/英語

オンプレミス/on-premises

用語解説

オンプレミス(on-premises)は、自社の中に情報システムを保有し、設備内に設置、導入して、主体的に運用・管理することを指します。自社運用(型)、自社設置(型)、内部設置(型)とも訳される。 

オンプレミスは、非公開または利用者限定のサービスなどのシステムとして利用されています。

  • 自社やグループ企業内のみの業務システム
  • 個人情報を取り扱うシステム
  • 自社メールサーバー、及び関連システム
  • 社内向けテレビ会議システム など

2007年頃までは、自社用のサーバーや通信回線を設置する「オンプレミス」が一般的な運用方法でしたが、クラウドサービスなどが市場に浸透したことに伴い、それらとの区別のためにオンプレミスという呼称が一般化しました。

オンプレミス・クラウド比較

オンプレミスの使用例

  • オンプレミスの対義語として、「オンデマンド」が使用されることがあります。
  • オンプレミスの最大のメリットは、全て自社でコントロールできることです。

BPRのGoogleトレンド検索結果

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

その他の用語はこちら

カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、
お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行給与アウトソーシングをご検討されている
方のために、COMIT HRのサービス概要導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)

メールでのお問い合わせ