デジタルID

読み方

でじたるあいでぃー

用語解説

実社会において自分を証明するためには、公的機関が発行する運転免許証やパスポートなどがよく使われます。これと同様にコンピュータやインターネットでアクセスする際において、確かに本人であり当該システムを利用する資格や正当性を有していることを証明するのが「デジタルID」です。デジタルIDには通常、氏名・電子メールアドレス・発行した組織名・シリアルナンバー・有効期限などの情報が含まれています。日本では2016年から導入された「マイナンバー制度(個人番号制度)」がこれに該当します。従来のIDとパスワードによる認証方法と比べると、はるかにセキュリティが高い反面、個人情報の中でも機微(あまり人に知られたくない)な情報とも紐付けられることが多いため、プライバシーや人権の侵害、またはIDを通じた監視社会に対する懸念も膨らんでいます。

デジタルIDの使用例

コロナ禍の影響で各サービスのオンライン化が進展する中、安全に取引を行う手段として「デジタルID」は不可欠なものとなっている。

デジタルIDの関連語

デジタル証明書

デジタルIDのGoogleトレンド検索結果

記事監修者

COMITHR導入コンサルタント 林 啓子

10年の人事経験を活かし、クライアントの課題、目指す目標に寄り添ってサポートを行う。好きな偉人は「上杉鷹山」

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

その他の用語はこちら

カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、
お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行給与アウトソーシングをご検討されている
方のために、COMIT HRのサービス概要導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)

メールでのお問い合わせ