マイナンバー法

読み方

まいなんばーほう

用語解説

マイナンバー法とは2015年に設定された法律で、国民一人一人の個人の情報を番号で管理を行うもので、特定個人情報に分類されます。番号の流失により個人が特定できてしまうことから、企業でも厳重に管理される必要があります。またマイナンバーは利用が「社会保障」「税」「災害対策」に限られており、企業内においては主に健康保険や厚生年金保険、雇用保険などの社会保険の手続きに使われるためパート・アルバイトを含めた従業員のマイナンバーを企業での保管が必要です。万が一不正な利用やマイナンバーの流出が起こった場合には4年以下の懲役または200万円以下の罰金が科されるなど、重い罰則を受ける可能性がある為注意が必要です。よってマイナンバーを扱う人事業務においては扱う社員の教育の徹底や、管理システムの導入・最適化を行いリスク管理を行うことが重要と言えるでしょう。

マイナンバー法の使用例

マイナンバーの企業での取り扱い方としては、管理システムの導入を行うことも業務の負担軽減につながる。

マイナンバー法の関連語

個人情報保護法

マイナンバー法のGoogleトレンド検索結果

記事監修者

InfoDeliver COMIT HR事業ユニット
渡邉 大介(Daisuke Watanabe)

大学卒業後、大手新聞社、IT企業にて20数年間、人事・総務部門で給与計算、労務管理、社会保険など幅広く勤務してきました。人事業務のアウトソーシング導入・運用のプロジェクトマネジャーとして、企業様の課題解決に注力いたします。これまで培った知識と経験を活かし、皆さんに様々な情報をお伝えしていきたいと思います。

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

COMIT HRの
オンライン個別相談

気軽に手軽にオンラインでご相談可能です。
数々の企業様への導入を手掛けてきた
人事業務コンサルタントがご対応いたします。

オンライン個別相談ページはこちら

その他の用語はこちら

カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行や給与アウトソーシングをご検討されている方のために、COMIT HRのサービス概要と導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
ご質問やご相談など何でもお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)