インボイス制度

読み方

いんぼいすせいど

用語解説

インボイス制度とは2023年10月より導入される「適格請求書等保存方式」を採用した消費税の仕入税額控除の方式の一つで、課税事業者が発行するインボイス(請求書など税率・税額を明記する税額票)に記載された税額のみを控除することができる制度です。インボイス(適格請求書)は売り手が買い手に対して正確な適用税率や消費税額等を伝えるために、現行の「区分記載請求書」に「登録番号」、「適用税率」及び「消費税額等」の記載が追加された書類やデータを示します。売り手である登録事業者は買い手である課税事業者より求められた場合は、インボイスの交付が必要となります。それは、軽減税率により8%と10%が混在する中で、正当に計算を行うためにも有効なのです。また、免税事業者を取引から排除し、「益税」の防止につなげる目的もあるのです。

インボイス制度の使用例

インボイス制度はメリットもあるが、事務負担の増加、税負担の増加、税務判断の増加など企業に多くの負担がかかることから反対の声も出ている。

インボイス制度の関連語

適格請求書

インボイス制度のGoogleトレンド検索結果

期間中にお問い合わせ・オンライン個別相談・資料ダウンロードを期間中に申し込まれた方

5名様に抽選で当たる!メガネスーパー全店舗・オンラインショップで使える10,000円分の割引クーポンプレゼント!

COMIT HRについて

DX(デジタルトランスフォーメーション)が世間で話題になっている中、何から始めれば良いかわからない方も多いかと思います。 COMIT HRは、20年以上の実績を持つ人事が展開する、HRクラウド型システムの導入サポート、および運営を行うサービスです。

その他の用語はこちら

カレンダーからお時間を選ぶだけで、COMIT HRのコンサルタントに、お客様のお悩みを相談できます。
人事・給与システムの移行や給与アウトソーシングをご検討されている方のために、COMIT HRのサービス概要と導入事例を解説しています。
御社の人事サービスコストを診断できます。※所要時間1分
ご質問やご相談など何でもお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ

03-5405-7996

(受付時間:平日9:00~17:00)